2008年07月19日

そろそろ応用すべき???

昨日、WMの補講に参加した。前期も2回目の補講にPT劇を観に行ったのを覚えている。WMの講義は2回目ということもあるし、スピコチで人間の心理について学んだので、知るから説明できる、または自分なりにアレンジする時期に来ているのかも知れない。

クリスさんも、アンソニーから学んだことを、クリスアレンジして教えているところがあるらしい。例えば、恋愛相手をmust,must notを3つずつあげることを推奨しているらしいが、アンソニーは3項目らしい。自分としては、アンソニーの方が、相手も自分を好きになるツールなので、そっちを気にいっているが。人それぞれ、好みがあると思うので、たまには疑いながら、よりよいものを発見していきたい。

ジェームスから学んだこと
今日は、相手の叱り方について、学んだことをシェアします。
適切な叱り方とは、相手の基準でやるということ。

例えば、100点満点のテストで50点を取った。この場合、叱るかどうかは、その人が何点を目指していたかによる。80点を目指していた人に関しては、30点低かったことについて叱る。30点を目指していた人に関しては、基準以上なので、叱れない。

相手の基準に合わせてやっているので、本人も納得せざるを得ない。

やっぱり、自分の価値観ではなく、相手の価値観にあわせるべきなんだと、あらためて思ったよ。
posted by セイン at 00:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。